情報セキュリティマネジメント試験合格講座

情報セキュリティマネジメント試験合格講座

情報セキュリティマネジメント試験合格講座

ラクパスの「情報セキュリティマネジメント試験合格講座」は、2015年からスタートした新しい対策講座です。セミナーの教室でも実際に使われている「書いて覚えるワークブック」、スマートフォンやタブレットでも使える予想問題集や模擬試験などの教材をWebで公開しています。

ラクパスの3ステップ - ガイダンス

まずは、目標となる情報セキュリティマネジメント試験について知っておきましょう。この試験の対象となる受験者像、資格者に求められる役割などについて、IPAの情報を基にして情報セキュリティマネジメント試験のガイダンスのページに簡単にまとめておきましたので、ご一読ください。試験の出題範囲や合格率、試験時間や出題形式についても確認できます。

ラクパスの情報セキュリティマネジメント試験合格講座(以下、セキュマネ合格講座)では、(1)「セキュマネの教科書」で合格に必要な内容を把握し、(2)教科書を空欄補充にした「書いて覚えるワークブック」で理解度をチェック、(3)過去問や予想問題の「セキュマネの問題集」で得点力を養成するという3つのステップで、学生の皆さんも無理なく合格へ導きます。セキュマネ試験の詳しい学習方法はガイダンスやマンガでわかる!「セキュマネ合格講座」の使い方のページで説明しています。セキュマネの教科書

最近、新聞やニュースでよく耳にする情報セキュリティについて知りたい人、就職・転職のときにアピールできる国家資格を今期で確実に取りたい人、ITパスポート試験からのステップアップを狙っている人、そんな皆さんは、ぜひ「情報セキュリティマネジメント試験の教科書」のページへどうぞ。このページは、社会人向けのセミナーや専門学校で実際に使っている教材を再編集したものです。セキュマネ試験で重要な用語や考え方が、テーマごとのPDFでシンプルにまとめられています。

キーワードを書いて覚えるワークブック

情報セキュリティマネジメント試験のワークブック」は、上記の「情報セキュリティマネジメント試験の教科書」を部分的に穴を空けて空欄にした「書いて覚える学習帳」です。教科書を読んでも成果がよくわからない、どこまで理解できてるかをすぐに確認したい、テキストのどこを中心に読めばいいのかわからない・・・という人は、ぜひ電子書籍(PDF)をプリントアウトして、ペンを片手にキーワードの穴埋めにチャレンジしてみてください。本試験と同様に、午前の4択問題と午後の長文問題に準拠した構成になっています。

セキュマネの過去問・予想問題・模擬試験

情報セキュリティマネジメント試験にパスするコツは、過去問を教材にして、試験で繰り返し問われるテーマ(キーワードやセキュリティ対策の考え方など)を確実に理解しておくことです。ラクパスの「情報セキュリティマネジメント試験の問題集」は、合格に欠かせない重要なテーマを分野ごとに整理・分析し、教室での講義と同様の詳しい解説を付けています。

情報セキュリティマネジメント試験の問題集のページにある分野ごとの練習問題は、スマートフォン、タブレット、PCなど、さまざまなインターネット端末で手軽に学習できます。スキマ時間を有効に利用して試験対策を進めてください。「年度別の問題集」や「模擬試験・予想問題集」は、本試験前の腕試しとして時間を計って挑戦することもできます。

ラクパス・コミュニティ

ラクパスでは、情報セキュリティマネジメント試験に関する情報発信と、同じ資格を目指す受験生のコミュニティとして、セキュマネ合格講座の掲示板TwitterFacebookページなどを開設しています。インターネットで質問や情報交換ができる交流の場として活用してください。ラクパスの講師による関連書籍はAmazonのページで、セミナーの受講生の皆さんからいただいた感想や合格体験記などは「受講生の声」のコーナーで紹介しています。

Facebook 情報セキュリティマネジメント試験合格講座 Facebook

Twitter 情報セキュリティマネジメント試験合格講座 Twitter

情報セキュリティに関する最新のニュースやセキュマネ試験に関する情報をFacebookやTwitterの「情報セキュリティマネジメント試験合格講座」のアカウントでも発信していますので、お気軽にフォローしてください。


戻る ラクパスのトップページへ戻る

Pocket
LINEで送る